はま整体院

足底筋膜炎(足底腱膜炎)

  • HOME
  • 足底筋膜炎(足底腱膜炎)

こんな状態・お悩みの方

■歩くと足の裏が痛む
■運動不足
■靴のサイズが合っていないまま
■偏平足(土踏まずがない)
■硬い地面で立っていることが多い

足底筋膜炎(足底腱膜炎)について

足の裏にある、踵(かかと)と足の指の付け根までを伸びている組織(足底腱膜)が炎症をおこし、痛みなどの症状が出る病気です。

足底腱膜炎(そくていけんまくえん)もしくは足底筋膜炎と呼ばれています。

長時間座ることが多い人ヒール履く人足のアーチが低い人(偏平足)
またはふくらはぎの筋肉や、アキレス腱(ふくらはぎの筋肉をかかとの骨に付着させる腱)が硬い人にみられます。

普段デスクワークなどで座っていることが多い人は、動くことが急に増えた時や、
サンダルなど支えの少ない靴を履いたりしたときに発症しやすく、
足底腱膜炎は、ランニングをされる方やダンスをされる方などにも多くみられ、
そうした人は腱膜への負荷が大きいためにおこります(オーバーユース)

この症状は硬い地面や床の上で長時間立っていたり、歩いたりする職業(営業など)の方に多くみられます。

足底腱膜炎が良くならない方や頻繁に痛みが出る方の多くは、姿勢不良による重心のバランスが原因の場合もあります。

姿勢不良の人は本来あるべき骨の位置と異なる為、立ったり、動いたりすると際に重心のバランスが悪くなります。

人間の体は重心のバランスが悪いまま歩いたり走ったりすることを防ぐために
無意識のうちに筋肉を緊張させることによってバランスを保とうとします。
この状態で歩いたり走ったりすると足の裏の負担は大きくなり、
足の裏に痛みが出やすい状態になってしまうのです。

はま整体院|足底筋膜炎

当院ではまず姿勢の分析を行い、骨盤のゆがみや背骨の歪み歩き方などをみて、
どの場所が痛みの原因になっているかを検査させていただき

骨格矯正で骨や筋肉の歪みを取り除くことにより足底筋膜炎足底腱膜炎)の症状を
改善させていくとともに再発しない身体作りを行います。

場合によっては痛みや熱感、腫れなどの炎症症状が強く出ている方もいらっしゃいますので
その場合はハイボルトという電気治療器を使用することで炎症を沈めて痛みの緩和を図ります。

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら ご予約・お問い合わせはこちら